English Español Deutsch Italiano Polski Nederlands Português Français 中文 日本語 हिन्दी اللغة العربية Русский Українська עִברִית Ελληνικά Türk Latvietis Dansk Norsk Íslenska
ログイン
日本語

ログイン

 

メールマガジン

電子メール列を含むオンラインデータベースがある場合は、おそらくこの電子メールに電子メールニュースレターを送信することをお勧めします。また、この電子メールでは、[名前]列などのデータベースのデータを使用します。これはQuintaDBの電子メールニュースレターで可能になりました

QuintaDBでEメールニュースレターを作成し、スケジュールすることもできます。 Webフォームに[電子メール]フィールドがあり、データベースにいくつかの電子メールを収集した場合は、それを使用し始めることができます。

「Eメールニュースレター」メニューは「ニュースレター」モジュールにあります。レコードページからメールマガジンを送信することもできますのでご注意ください。いくつかのレコードを選択し、[アクション]メニューをクリックします。 「Eメールニュースレター」リンクが表示されます。

電子メールニュースレターボタンをクリックする前に、少なくとも1つのレコードを選択する必要があります。また、この機能をご利用いただくには、必ずフォームにメール欄を追加してください。これは、フィールドページで実行できます。

電子メールニュースレターページが表示されたら、電子メールの作成を開始できます。

電子メール列またはレコード所有者:すぐに電子メールを送信する電子メールを含むデータベース列を選択します。または、「レコード所有者」を選択します。

件名:説明的な電子メールの結果を選択してください

本文:電子メールのテキストを入力します。このテキストは、Wordのようなエディターを使用してフォーマットできます。また、|列名|を使用してデータベースからデータを挿入することもできます。フォーマット。たとえば、「こんにちは|ユーザー名|」と入力できます。ユーザー名は、フォームのフィールド(データベース列)です。

差出人:このオプションを使用すると、QuintaDBの代わりにあなたまたはあなたの会社名がユーザーに表示されるようにすることができます

返信先:これは、ユーザーが返信できる電子メールです。

ニュースレターの電子メール設定をテンプレートとして保存できます。これにより、メールを送信するたびにすべてのフィールドに入力する必要がなくなります。フォームの下部にあるドロップダウンを使用して、テンプレートをロードできます。

また、統計ページの下部にあるリンクに注意してください。このリンクを使用すると、ニュースレターの使用状況の基本的な統計を確認できます。送信された電子メールの日付、件名、数、および電子メールの総数を確認できます。

お気づきのように、1回に200通を超える電子メールを送信することは許可されていません。これが、電子メールテンプレートを使用すると、200人を超えるユーザーに電子メールを送信する際の時間を大幅に節約できる理由です。

データベースニュースレターの電子メール機能がお役に立てば幸いです。

 

ここを読む SMSニュースレターについて。


コメントを追加できるようにQuintaDBを入力してください
ソーシャルメディアでディスカッションを共有します: