English Español Deutsch Italiano Polski Nederlands Português Français 中文 日本語 हिन्दी اللغة العربية Русский Українська עִברִית Ελληνικά Türk Latvietis Dansk Norsk Íslenska
ログイン
日本語

ログイン

 

カレンダー

QuintaDBでは、テーブルまたはレポートのデータをカレンダーとして表示できます。

QuintaDBでは、このテーブルのデータをカレンダービューに表示できます。これがどのように見えるかです。

1.「カレンダー」モジュールを開きます。

2.カレンダーを作成したら、1つまたは複数のデータソースを追加する必要があります。

3.データソースが追加されると、カレンダーを表示して使用できるようになります。他にもたくさんのカレンダー設定があることに注意してください。

デフォルトビュー。

-カレンダーが読み込まれたときの初期ビュー。月、週、日、アジェンダウィーク、アジェンダ日、リスト年/月/週/日。

-週末を表示します。

-月表示で、前月または翌月の日付を表示する必要があるかどうか。

-隠された日。たとえば、カレンダーから水曜日を非表示にすることができます。

ヘッダーとフッター。

カレンダーの上部と下部に何を表示するかを選択できます。たとえば、左側、中央、右側に表示するように選択できます。

-次と前のナビゲーションボタン。日付を切り替えるには。

- 題名。現在の日付とビュー名を表示します。

-[今日]ボタンをクリックすると、現在の日に戻ります。

-[月]、[週]、[日]、[アジェンダウィーク]、[アジェンダ日]、[年/月/週/日を一覧表示]ボタンを使用すると、いつでもカレンダービューを切り替えることができます。

ショータイム。

カレンダーの予定から時間を表示または非表示にすることができます。デフォルトでは有効になっています。経費と収入のカレンダーではオフにしています。

デフォルトの時間。

デフォルトで選択される日付を設定できます。

営業時間。

スケジュールは、たとえば、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで指定できます。

有効で目に見える日付範囲。

カレンダーに表示して有効にする日付を選択できます。

テーマオプションを有効にすると、カレンダーが標準のQuintaDBメニューのようになります。つまり、青とオレンジの色になります。

サイズ設定メニューでは、カレンダーの高さと高さを制御できます。また、カレンダーの幅と高さのアスペクト比。

高度なオプション。

-右から左へのテキストの方向。

-ユーザーがクリックしてドラッグすることで、複数の日またはタイムスロットを強調表示できるようにします。

-1日に表示されるイベントの数を制限します。

-カレンダーの言語を選択します。

-カレンダーのタイムゾーンを選択します。

 

 

 


コメントを追加できるようにQuintaDBを入力してください
ソーシャルメディアでディスカッションを共有します: