English Español Deutsch Italiano Polski Nederlands Português Français 中文 日本語 हिन्दी اللغة العربية Русский Українська עִברִית Ελληνικά Türk Latvietis Dansk Norsk Íslenska 한국어 Suomen Gaeilge Bahasa Melayu Svenska Čeština
ログイン
日本語

ログイン

 

チャートビルダー。 QuintaDBのオンラインデータベースに基づいてチャートを作成して統合します

データベースにデータがある場合、グラフィカルな方法でレポートを生成することは一般的なタスクです。 QuintaDBを使用すると、優れたグラフを作成したり、ページやブログに埋め込んだりすることができます。

QuintaDBでデータベースチャートビルダーを使用する方法をお知らせし、説明させていただきます。 QuintaDBのオンラインデータベースに基づいてチャートを作成および統合できます。使用可能なグラフの種類:線とスプライン、スパークライン、垂直バーとグループ化された垂直バー、円グラフと散布図チャート、水平バーとグループ化された水平バー。また、チャートを印刷して、PNG、JPEG画像、またはPDFドキュメントとして、SVGベクター画像としてダウンロードすることもできます。

ビデオチュートリアル

以下に、チャートのいくつかの例を示します。このブログ投稿では、このグラフがどのように作成されたかを説明し、同じグラフを数分で簡単に生成できるようになります。

 

スプラインとスパークラインチャート
Splines chart Sparklines chart

 

垂直バーとグループ化された垂直バー
Vertical bar Vertical bar (Grouped)

 

円グラフと散布図
Pie chart Scatter plot chart

 

水平バーとグループ化された水平バー
Horizontal bar Horizontal bar (Grouped)

 

 

折れ線グラフ-オレンジ色で、グラフ要素の説明を確認できます。たとえば、グラフ名がどこにあるか、X軸とY軸、QuintaDBデータベースから取得したX軸、収入、使用済み、純額の行を確認できます。下部にある回線名をクリックすると、回線が有効/無効になります。そして、非常に重要で興味深いのは、チャートをPNGまたはJPEG画像として、またPDFドキュメントまたはSVGベクター画像として印刷およびエクスポート(ダウンロード)できることです。


Lines chart

 

データベースチャートビルダーがお役に立てば幸いです。お楽しみください。


コメントを追加できるようにQuintaDBを入力してください
ソーシャルメディアでディスカッションを共有します: