English Español Deutsch Italiano Polski Nederlands Português Français 中文 日本語 हिन्दी اللغة العربية Русский Українська עִברִית Ελληνικά Türk Latvietis Dansk Norsk
ログイン
日本語

ログイン

 

カスタマーポータル

QuintaDBのカスタマーポータルは、企業または組織が、顧客またはユーザーが専用の内部Webシステムにログインし、さまざまなアクセスレベルの役割で制限されたデータにアクセスできるようにするための優れた方法です。

QuintaDBのカスタマーポータルは、企業または組織が、顧客またはユーザーが専用の内部Webシステムにログインし、さまざまなアクセスレベルの役割で制限されたデータにアクセスできるようにするための優れた方法です。

独自の認証およびセキュリティサービスを作成する代わりに、QuintaDBカスタマーポータルを使用できます。 Webユーザーは、QuintaDBのアカウントにサインアップする代わりに、ポータルに登録できます。

クライアントは、専用のWebポータルにログインし、共有されているモジュール(テーブル、フォーム、レポート、グラフ、地図、カレンダー)にアクセスしてデータを追加し、最も重要なこととして、送信したレコードのみを表示および変更できます( 「自分のレコードのみにアクセスする」オプション。それ以外の場合は、すべてのデータが表示されます)。

ビデオチュートリアル:

カスタマーポータルは、会社または組織に個人的なブランドアイデンティティをデータベースに提示する絶好の機会を提供します。

したがって、データベースがあり、ウェブユーザーがデータベースにアクセスし、アカウントをアクティブ化し、必要に応じてパスワードをリセットできるようにする必要があります。その場合は、以下の手順に従ってください。

 

1. ポータルを作成する

2. ユーザーが利用できるモジュールを選択する

3. ポータルの構成と統合

4. ログイン、サインアップ、パスワードの復元ページ

5. 通知

6. ユーザーと権限

7. アクセス権

8. ログインしたユーザーのためのポータル

9. Webユーザーのためのポータル

10. テーブルレコードとポータルユーザーアカウントをリンクする方法

 

1. ポータルを作成する

プロジェクトを開き、ポータルモジュールに移動します。 「新しいポータルの作成」タイルが表示されます。それをクリックして、ポータル名を入力します。

2. ユーザーが利用できるモジュールを選択します

ポータルを作成したら、顧客が利用できるモジュールを決定する必要があります。すべてのフォーム、表、レポート、グラフ、地図、カレンダー、ファイルが表示されます。共有したいものだけを選んでください。

 

3. ポータルの構成と統合

 

一部のモジュールをアクティブ化すると、新しいメニューが利用可能になります。設定と統合。

3.1 [統合]タブでは、JavaScriptコードを取得して、ポータル全体をウィジェットとして独自のWebページに統合できます。また、ダイレクトリンクを使用して顧客とのみ共有することもできます。

 3.2 [設定]ページで、[認証]フィールドを選択し(以下のこの項目についてお読みください)、ポータルのロゴをアップロードし、ポータルの言語(英語、ドイツ語、ウクライナ語、ロシア語)を選択し、モジュールと詳細オプションのリストまたはタイルビューを変更できます。

3.3また、ポータルで使用する認証タイプを選択することもできます。

-認証なし。すべてのWebユーザーがそれにアクセスできるようになります。

-基本HTTP認証。ログインとパスワードの1つのペアをパスワード保護ポータルに設定します。

-サインインが必要です。ログインしてアクセスできるようにするには、ユーザーをポータルに登録する必要があります。

ポータルで登録を無効にすることができます。このように、手動で追加されたユーザーのみがサインインしてポータルを使用できます。

 

Choose authentication type

 

3.4ログインフォームと登録フォームで使用するフィールドを選択できます。また、名前を変更することもできます。

サインアップフォームフィールドとログインフォームフィールドを別々に設定できます。サインアップフォームフィールドを選択する方法は次のとおりです。

およびログインフォームフィールド:

事前定義された会社リストを入力する場合、会社または組織のフィールドをドロップダウンにすることができます。

メール、電話番号、またはログインフィールドは、ユーザーが入力した内容を自動的に理解し、アカウントのログイン、メール、または電話のフィールドに割り当てます。

このフィールドを無効にして、代わりに[ログイン]、[電子メール]、および[電話]フィールドの1つ(またはすべて)を有効にすることができます。サインアップフォームの場合は、住所、市区町村、都道府県、郵便番号などの住所フィールドも利用できます。

ログインフォームまたはサインアップフォームを使用するには、少なくとも1つの認証フィールドを有効にする必要があります。

 

4. ログイン、サインアップ、パスワードの復元ページ

 

「サインインが必要」認証を使用することにした場合は、そのようなページが表示されます。

4.1ログインページ

Login page

 

    4.2サインアップページ

Signup page

   4.3パスワードページを復元する

Reset password page

 

5. 通知

 

[通知]タブで、アクティベーションとパスワードのリセットの電子メールおよびSMSテンプレートを編集できます。また、ポータルでの新規登録に関する電子メールおよびSMS通知を有効にすることもできます。

 

6. ユーザーと権限

 

[ユーザーと権限]タブで、[ポータルにユーザーを追加]ボタンをクリックして、ユーザーのグループを表示、削除、および新しいユーザーを追加できます。

 

または、新しいグループを追加できます。ユーザーのグループを使用すると、毎回新しいユーザーにアクセス権を割り当てる必要はありません。確立された権限を持つグループにそれらを追加するだけで十分です。

[新しいグループを追加]ページで、ユーザーの役割を選択できます。 「読み取り専用」、「読み取りと書き込み」、「レコードの読み取り、書き込み、削除」のいずれかになります。

最も重要なオプションは「自分のレコードのみへのアクセス」です。オンにすると、ユーザーには追加したレコードのみが表示されます。

ただし、グループ化、検索、レコードの編集、印刷、クローン作成、データエクスポートなど、ユーザーが使用できる機能を選択することもできます。

これで、このグループにユーザーを追加できます。

ユーザーのグループタイルをクリックし、次のページの[ユーザーをグループに追加]タイルをクリックします。

ユーザーを追加するには、メールまたはログインを追加するだけです(1行に1つ)。

招待メールテンプレートを編集できます。

同じ方法で、カスタムアクセス権を持つユーザーを追加できます。

ユーザーを追加すると、[ユーザーのグループ]ページに[どのグループにも属していないユーザー]タイルが表示されます。

デフォルトでは、ユーザーのパスワードがメールまたはログインと一致していることをご承知おきください。グループ内のポータルユーザーのアカウントを編集できます。

ユーザーのタイルをクリックします。

次のページの「アカウント」ボタンを押します。

ユーザーのアカウントページで、パスワードの変更、名前、連絡先の入力、アバターのアップロードを行うことができます。

7. アクセス権

新規ユーザーのデフォルトの権限を設定できます。

[ポータルにユーザーを追加]ボタンをクリックして、このリンクをクリックします。

次のページで、すべてのモジュールについて、新しいユーザーのデフォルトの権限を編集できます。このようにして、新しく登録されたポータルユーザーのアクセスレベルを制御できます。

グループ化、検索、レコードの編集、印刷、クローン作成、データエクスポートなど、有効になっているすべてのモジュールで、新規登録ユーザーが利用できる機能を選択できます。

デフォルトの権限は、テーブルまたはレポートごとに設定することもできます。以下の方法をご覧ください。

フィールドレベルのアクセスも制御できることに注意してください。つまりフォームとテーブルで無効にするフィールドを設定します。

また、ユーザーのグループの権限とアクセス権を変更することもできます。ユーザーのグループを開いて、[設定]ボタンを押すだけです。

このページでは、グループのテーブルとレポートの権限を編集できます。 「編集」アイコンをクリックします。

[フィールド]リンク(スクリーンショットに表示)をクリックして、レコードを追加するときにユーザーがフォームに表示するフィールドと、テーブルまたはレポートを表示しているときにユーザーに表示される列を制御します。

 

8. ログインしたユーザーのためのポータル

 

その結果、ログインしたユーザーには、次のようなポータルが表示されます。

 

 

8.1ポータル認証タイプが「サインインが必要」の場合、ログインしたユーザーには右上にメニューが表示され、アカウントページにアクセスして個人情報(ログインユーザー名、パスワード、メールアドレス、名前、会社、アップロードなど)を変更できます。アバターまたはアカウントを削除します)。

 

Portal user's Account page

8.2ログインしたポータルユーザーは、通常のQuintaDBまたはチームQuintaDBユーザーが[レコード]ページに表示するのと同じ方法でデータを表示します。

Portal records for logged in users

 

ポータルユーザーは、データをPDFとExcelにエクスポートし、並べ替え、ページ付け、検索、グループ化を実行できます。また、レコードの編集と削除(権限設定で許可されている場合)。

9. Webユーザーのためのポータル

 

認証タイプが「認証なし」または「基本HTTP認証」の場合、ウェブユーザーはアカウントページを必要としません。また、このようなウェブユーザーにはポータルモジュールがウィジェットとして表示されるため、すべてのフォーム、テーブル、レポートの[ウィジェット]セクションで外観を制御できます。

 

Portal records for not logged in web users


 

10. テーブルレコードとポータルユーザーアカウントをリンクする方法

 

すでにWebポータルを作成および構成し、それにユーザーを追加した(またはユーザーが自分で登録した)と仮定します。顧客には、自分で追加したレコードのみが表示されます。

しかし、特定のポータルアカウントに割り当てたいレコードがテーブル、CSVファイルまたはExcelファイルにすでにある場合はどうでしょうか。

QuintaDBでこれを実現するには2つの方法があります。

1. [レコード]ページに移動し、いくつかのレコードを選択して、[アクション]ドロップダウンの[レコード所有者の変更]オプションをクリックします。

 

Select records to change owner

 

その後、誰が新しいレコードの所有者になるかを決める必要があります。以下のスクリーンショットに示されているように:

 

Change record owner

 

2. 2番目の方法は、CSVまたはExcelファイルからインポートを使用することです。ただし、最初に「追加者」列を有効にする必要があります。

 

Enabled Added by column

 

有効にすると、[記録]ページに新しい[追加者]列が表示されます。

これで、インポートしたレコードを割り当てるために、CSVファイルまたはExcelファイルでポータルユーザー名を使用できます。

ファイルに「追加者」列があり、適切なユーザー名が含まれていることを確認してください([レコード]ページに表示されるものと同じ)。

したがって、いずれかの方法を使用すると、同じ結果が得られます。つまり、ポータルユーザーがポータルにサインインすると、新しいレコードが表示されます。


コメントを追加できるようにQuintaDBを入力してください
ソーシャルメディアでディスカッションを共有します: