English Español Deutsch Italiano Polski Nederlands Português Français 中文 日本語 हिन्दी اللغة العربية Русский Українська עִברִית Ελληνικά Türk Latvietis Dansk Norsk Íslenska
ログイン
日本語

ログイン

 

チームモジュール。 QuintaDBのアクセス権とロール。

管理者と管理者は、一般的なデータベースの役割です。 1人がデータベースを作成し、もう1人がオンラインでデータベースを管理できるようにします。 DBへの読み取り専用アクセスを提供することもできます

QuintaDBのメインモジュールの1つであるチームをご紹介します。この機能を使用すると、友人や同僚がプロジェクトに参加して、データベース、フォーム、またはレポートの管理に役立てることができます。

このモジュールは常にQuintaDBにありましたが、すべての新規ユーザーのニーズを満たすように改善しました。

プロジェクトページでは、プロジェクトまたはチームプロジェクトを確認できます。チームプロジェクトがまだない場合、それは単に誰もあなたとアクセスを共有していないことを意味します。

ステップバイステップガイド

1.たとえば、いくつかのフォーム、レポート、グラフ、地図、カレンダー、ファイル、ポータルを備えた「RentFarm」プロジェクトがあります。プロジェクトを開くと、次のように表示されます。

2.プロジェクトにユーザーを追加するには、[チーム]メニューを使用する必要があります。

次のページで、ユーザーをチームに追加したり、ユーザーのグループを作成したりできます。

ユーザーのグループを使用すると、毎回新しいユーザーにアクセス権を割り当てる必要はありません。確立された権限を持つグループにそれらを追加するだけで十分です。

3.新しいグループを作成するには、[新しいグループの追加]タイルをクリックします。

4.グループ名を入力し、利用可能なモジュールとグループのアクセスレベルを選択します。

異なるアクセスロールを持つ任意のテーブルまたはレポートを選択できることに注意してください。

すべてのグループは、いつでも変更できるそのような役割を持つことができます。

  • 読み取り専用-ユーザーはレコードの表示とエクスポートのみが可能です。
  • 読み取りと書き込み-ユーザーはレコードを表示、編集、インポート、エクスポートできます。
  • レコードの読み取り、書き込み、および削除-読み取りおよび書き込みと同じですが、レコードの削除機能もあります
  • 読み取り、書き込み、ビルド-「読み取りと書き込み」と同じですが、ユーザーはフォームを変更して統合することもできます。
  • 管理者-ユーザーが「読み取り、書き込み、ビルド」アクセスレベルで実行できるすべてのことに加えて、チームを管理できます。

 

利用可能なグラフ、地図、カレンダー、ポータルから、新しいユーザーのグループに表示するものを選択できることに注意してください。

編集、作成、または削除のアクセス許可を選択することもできます。

ファイルモジュールでは、ユーザーがファイルをアップロードできるか、自分のファイルのみを表示できるか、ファイルを削除できるかを決定できます。

チームモジュールの場合と同じように、メンバーは新しいチームメンバーを追加したり、現在のアクセス権を編集したり、メンバーを削除したりできます。メンバーにこれらの権利を提供するかどうかはあなた次第です。同様に、チームモジュールをオフのままにしておくと、新しいメンバーには他のチームメンバーが表示されなくなります。

これで、ユーザーをグループに追加できます。

1.ユーザーのグループページの[新しいグループの追加]タイルをクリックします。

2. [ユーザーをグループに追加]ラジオボタンを選択し、ドロップダウンリストからグループを選択します。

3.メールアドレスを入力するか、追加済みのユーザーがいる場合はそれを選択することができます。

-メールを1行に1つずつ入力します。招待メールを送信するかどうかを決定できます。メールテンプレートを編集することもできます。

終了すると、ユーザーは電子メール通知を受け取ります。これがQuintaDBの新規ユーザーである場合、新しいアカウントが作成され、アクティベーションリンクが送信されます。

[チームにユーザーを追加]をクリックすると、新しいメンバーは新しいアクセス権に基づいてプロジェクトを表示および編集できるようになります。

いつでも、割り当てられたグループの役割を変更したり、グループからユーザーを移動または削除したりできます。

「設定」ボタンを押して、アクセスレベルを編集します。

「自分のレコードのみへのアクセス」を有効にして、ユーザーでレコードをフィルタリングする方法については、こちらをご覧ください。

グループに属さないユーザーを追加する必要がある場合があります。

これを行うには、ユーザーのグループページの[チームにユーザーを追加]ボタンをクリックします。

次のページで、[カスタムアクセス権を持つユーザーを追加する]を選択します。

ユーザーを追加すると、[ユーザーのグループ]ページに[どのグループにも属していないユーザー]タイルが表示されます。

内部でユーザーのアクセス権を編集できます。また、必要に応じて、コンテキストメニューを使用して、このユーザーをグループに移動できます。

フィールドレベルアクセスを使用して、ユーザーが一部のテーブル列を表示したり、フォームフィールドを編集したりすることを制限することもできます。

アカウントにリンクされているすべてのチームユーザーを表示する場合は、[アカウント]-[支払いと統計]ページを開き、ユーザー数を示す数字をタップするだけです。


コメントを追加できるようにQuintaDBを入力してください
ソーシャルメディアでディスカッションを共有します: