English Español Deutsch Italiano Polski Nederlands Português Français 中文 日本語 हिन्दी اللغة العربية Русский Українська עִברִית Ελληνικά Türk Latvietis Dansk Norsk Íslenska 한국어 Suomen Gaeilge Bahasa Melayu Svenska Čeština
ログイン
日本語

ログイン

 

ExcelおよびCSVファイルをオンラインデータベースにインポートする方法

QuintaDBでの作業は、既存のCSVまたはExcelデータベースをアップロードすることから開始できます。 PCからファイルを選択するだけで、QuintaDBはスプレッドシートとデータベースに基づいてExcelと同じ行のWebフォームを作成します。

ExcelまたはCSVデータベースをQuintaDBにインポートするにはどうすればよいですか?

 

ExcelファイルをWebデータベースにインポートします

 

Excelファイルがあると仮定して、インポートフォームを使用してQuintaDBにロードします。

 

列がフォームフィールドを表すようになっていることに注意してください。すべてのデータは[レコード]ページにあります。

CSVをQuintaDBデータベースにインポートする

データがCSVファイルに保存されている場合でも、オンラインデータベースにインポートできます。すべてのプロセスはまったく同じです。データがカンマで区切られていることのみを確認してください:列1、列2、列3

また、Excelファイルのインポート中に、空白のレコードや不明な列名などの問題が発生した場合は、Excelセルに改行が入ったデータがあることが原因である可能性があります。その後、CSVからオンラインデータベースを作成できるようになります。

1ページあたりのレコード数

ページあたりのレコード数を変更するには、[レコード]メニューに移動し、左側のメニューで[ページあたりのレコード]スライダーを見つけます。

重複を見つける

テーブル内で同じレコードを検索する必要がある場合は、「重複の検索」機能を使用できます。
「インポート」メニューにあります。

列を選択し、「検索ボタン」を押します。

[すべての重複を削除]ボタンを使用すると、すべての重複を削除できます。

既存のデータベースにデータを追加する

インポートを使用していつでもデータを更新できる必要があることは明らかです。キーデータが一致したときに、新しいレコードを作成するか、既存のレコードを更新することをお勧めします。

インポートを使用して新しいレコードを追加する

 

[レコード]ページに[インポート]リンクが表示されます。このリンクを使用して、Excelインポートを使用してデータを追加または更新できます。手順は、最初から移行する場合と同じです。 Excelファイルをアップロードするだけです。ファイルには、列名を含む最初の行を含める必要があることに注意してください。
フィールドの順序は重要ではありませんが、フォームにssフィールドが存在することは重要です。そのようなフィールドがない場合は、フィールドが作成されるためです。また、Excelではなく[フィールド]メニューでフィールドの名前を変更すると、フィールドが2倍になりますが、これは必要なものではありません。このトリックを使用すると、レコードを追加または更新するとともに、データベース構造を更新できます。

インポートを使用してレコードを更新する

 

また、キーデータが一致したときに既存のレコードを更新できます。列名(一意のフィールド)を選択して、データを比較するためのキーとして使用します。
新しいレコードのこの列に既存のレコードの1つと同じ値が含まれている場合、既存のレコードは新しいデータで更新されます。一致するものが見つからない場合は、新しいレコードが作成されます。

更新したデータはいつでもExcelまたはPDFにエクスポートして戻すことができます。

データベースからすべてのレコードを削除するには、[レコード]メニューに移動し、[アクション]ドロップダウンの下にある[すべてのレコードを削除]ボタンを見つけます。
以下のスクリーンショットをご覧ください。

注意してください、あなたはバックアップなしで削除されたファイルを回復することはできません。


コメントを追加できるようにQuintaDBを入力してください
ソーシャルメディアでディスカッションを共有します: